Aurelijus Zykas
Vytautas Magnus University. Associate professor
Linas Didvalis
Vytautas Magnus University. Associate professor

Documentary movie "Visas for Life. The Chain of Courage"

During the Second World War, thousands of Jewish refugees could escape the Holocaust in Europe through Japan. The visas issued by Chiune Sugihara, Japanese vice-consul in Kaunas (Lithuania), are known as Visas for Life.

The documentary tells the authentic story through the eyes of survivors, who remember their journeys, that started in Poland, crossed different continents and ended in Israel, Canada, New Zealand, the USA, and other new homelands.

The documentary is not only about Sugihara, because it presents numerous other named and unnamed heroes, who made this path possible by forming a chain of courage and goodwill. By following the stories of survivors, the documentary shows that every single link in this long chain of courage was essential.

The movie was created by Aurelijus Zykas, Kristijonas Jakubsonas, and Linas Didvalis with generous support by Toshiba International Foundation. It also contains interviews of survivors and their families living in Vancouver (Canada) conducted by a journalist Ms. Aya Takahashi.

ドキュメンタリー映画「命のビザ。勇気のバトン」

第二次世界大戦中、何千人ものユダヤ人難民が、日本を通じてヨーロッパのホロコーストから逃れることができた。在カウナス(リトアニア)日本国副領事杉原千畝が発給したビザは「命のビザ」と呼ばれた。
このドキュメンタリーは、ポーランドから始まり、様々な大陸を渡り、イスラエル、カナダ、ニュージーランド、アメリカなどの新しい故郷にたどり着いた生存者たちの目を通して、その真実の物語を伝えています。
このドキュメンタリーは、杉原だけでなく、勇気と善意の連鎖によってこの道を可能にした、多くの名もなき英雄たちを紹介しています。生存者の物語を追うことで、この長い勇気の連鎖の一つひとつが不可欠であったことを示す。
この映画は、東芝国際交流財団の寛大な支援のもと、アウレリウス・ツィカス、クリスティヨナス・ヤコブソナス、リナス・ディドバリスによって制作されました。また、ジャーナリストの高橋彩氏によるバンクーバー(カナダ)在住の被爆者とその家族へのインタビューも収録されています。